結婚

最新の結婚生活の理想と現実と客観的な対応

画像
結婚生活を始めた夫婦は、ある一定期間を過ぎると倦怠期を迎えます。
稀に倦怠期がなく新婚のような状態で夫婦生活をつづける人たちもいますが。
だいたいは新婚の熱が冷めて相手の現実を見ることになります。
子孫を残すためにあるホルモンが分泌されて、そんな心理状態になり、その後23年でそれがなくなり、元に戻るからだという話もありました。
真偽はわかりませんが、恋愛関係もいずれは冷めるということがあるので、何らかの心理的な作用が男女間にはあるようです。
それがなくなり倦怠期が生まれるということになります。
この倦怠期では、酷い場合、顔を見ることも、相手の所有物に触ることも嫌になるという場合まであるようです。
相手の靴を玄関で触ることもできないという人の話もありました。
とくに女性にあるようですが、理想と現実のギャップがありすぎた結果とも言えます。
性格もあるでしょうが、最初から感情だけではなく、客観的な理性も働かせて相手を見ることも必要です。

最新の

画像